スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シフォンの型出し


キレイに型出しできました…と言いたいところですが、反対側はボロボロ
ナイフの入れ方、力の入れ方、ちょっとした角度ひとつで変わってしまうので、シフォンの型出しは気が抜けません
お菓子の本で、シフォンの型出し方法がきちんと書かれたものに、私は出会ったことがないのですが、スイーツスペシャリスト講座の実践DVDで、小柳ルミ先生のやり方が解説されていました
すぐに試してみましたが…
結局は、数こなして体で覚えることが、アナログ人間の私の性に合っていると実感したわけです…
外側は何とかなっても、真ん中の穴がボロボロ。私は、周りは昔サンリブで購入したパレットナイフで型をこそげるように小刻みに刃を動かしてはがしていき、中心部分は刃が薄く細い、少し長めなペティナイフを使っています。この家に来る前からキッチンに置いてあった、おばあちゃんのものですが、これが一番良いパレットナイフは適度にしなるので外側にはピッタリですが、中心には先が太すぎて生地を傷つけてしまうし、竹串ではもっとボロボロになってしまいます
もっとエッジがキレイに出ないかなぁもっと薄く、細く、しなやかで強い道具があればいいのですが…(バーベキュー用の金串を使っていたことも)
やっぱりとにかく練習あるのみ

スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

skip*

Author:skip*
小学生のころからおかしをつくりつづけてきた、3人の子供のハハ。思いつきでマニアックなおかしを作ることも(*^_^*)
自宅の工房で、おかし教室やオーダーなどもお受けしています。
うたちゃんのお店、studio T'sで、帽子を委託販売させていただいています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。