スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

skip*


みなさん、最後にスキップをしたのはいつですか?

スキップって、気分があがっている時に、自然に出るもの。
でも、大人になるとしなくなり、落ち込んでいるときには教えることすらできないものだったりしませんか?

skip*という名前は、まだ小さかった長男がギャロップをしていて、スキップを教えようとしたけど、落ち込んでいた私にはできなかったというエピソードから始まります。
長男は、自閉症というハンデを抱えていますが、とてもかわいい人なんです
予測と現実がズレると、私たちも不安になると思いますが、長男は、日常生活のひとつひとつにその不安を抱えているというようなイメージです。

判定を受けて、正直戸惑いました。
話を聞いても、本を読んでみても、どんな風に育てていけばいいのかが全くわからなかったのです。
ですが、この子をかわいいと思う気持ちに変わりはなかったので、事実よりもこの子がどんな風に感じているか、どんな気持ちで行動しているのかを想像しながら接しているうちに、だんだんと大切なことがわかってきたように思います。

持ち味を最大限にいかしながら、苦手な部分をどうフォローしていくか。

子育ても、お菓子作りもよく似ています。
例えば、メレンゲにレモンを少し入れたら泡立ちやすくなるけど、油分が少しでも入ったら、メレンゲは絶対にできあがりません。
また、チョコレートを溶かしたものに、冷えた生クリームを入れると分離してしまいますが、根気よく混ぜ続けると乳化してなじみ、おいしいチョコレートクリームができあがります。

子育ては、根性です。
信じて、支え続けること。それを支えるのは、愛しかないと思います。
あとは、健康な肉体ですかね~( •ॢ◡-ॢ)-♡

話がそれましたが、スキップするにはそれなりのテンションが必要。
私の作るお菓子には、食べた人の気持ちが少しでもあがってくれたら…という願いが込められています。
(実際にスキップできるほどあげるのは難しいですケド(* ̄∀ ̄)ゞ)


子どもの頃から、お菓子作りが私の支えでした。
誰にも邪魔されたくなくて、家族が寝静まってから作ってみたいお菓子を実験的に焼く、静かな夜。分厚い本を眺めながら、あれも作ってみたい、これも作ってみたいとワクワクしていました。
子どもが夜中に、ひとりでキッチンや材料を使ってもあまり怒らなかった母に、感謝しています。


新しくできた工房で、いつか長男と一緒にお菓子作りができたら…
それが今の私の夢です。

私が作るのは、身近な材料で作れる簡単な焼き菓子です(^∇^)
メニューはありません。
ブログに載ったものが食べてみたい、またはこんなオリジナルなお菓子が食べてみたいというご希望があれば、メールにてご連絡ください。
ご希望に合わせてお作りいたします♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪
また、一緒に作ってみたいというご希望がありましたら、遠慮なくどうぞ♪

メールアドレス skip.miru.@Softbank.jp
スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

skip*

Author:skip*
小学生のころからおかしをつくりつづけてきた、3人の子供のハハ。思いつきでマニアックなおかしを作ることも(*^_^*)
自宅の工房で、おかし教室やオーダーなどもお受けしています。
うたちゃんのお店、studio T'sで、帽子を委託販売させていただいています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。