スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆず茶のシフォンふたたび


もう2月ですね~( ̄▽ ̄)
今日は節分。
簡単な恵方巻きを作って、うたちゃんのお店でゲットした屋久杉の升で、夜に子供たちと豆撒きをする予定です٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

鬼役はいませんが、子供たちには
「心の中にいる鬼を想像してごらん、そいつを追い出すつもりで豆をまくんよ」
と言います(^-^)
あと、
「福をいっぱい呼べば、鬼は来れないから大丈夫。」とも。

ここで現実的なことを言っても楽しくない。
想像力豊かな人に育って欲しいものです。


週末に、ゆず茶のシフォンケーキを焼きました。



いちばん大きな型を使ったので、真ん中のふわふわが存分に楽しめます(#^.^#)



一晩置くと、型から外すのがラク。

娘が口に入れて、「ふわふわ~おいし~♪」と言ったあとすぐ、
「なにこの味っっ!(◎_◎;)」

やっぱりゆず茶はダメですか~
おいしいのになぁ~。・(ノД`)・。



話は変わりますが、夕べ、とても良い言葉を教えていただきました。

『人には、それぞれの辞書がある』

価値観の違い、とかよく言われますが、それってあいまいな表現ですよね。

一人にひとつの辞書。
それぞれの経験や、理解したもので作ってきた『自分だけの辞書』です。

掲載されている言葉の意味も解釈も、ひとりひとり違うのです。

”そーいう意味で言ったんじゃないのになぁ~”って思うこと、よくありませんか?

でも、そういう時に、
”もう、わかってくれない!わかってよ!”と、自分の辞書を押しつけるのではなくて、
こちらが相手を理解する。
”この人わからない”って、見下すのではなくて、持っている辞書が違うのだ、と
理解する。
ということ。

年齢も性別も関係なく。
常にフラットでいられます。
自然にそういうことができたらな。

お互いがそうなら、世の中は平和ですよねぇ…。。・(ノД`)・。

「おまえの解釈は、独特すぎてわからん」と、切り捨てられてる私です…( ̄▽ ̄)


週末から、いろんな型紙を取っているのですが…
脱線が多い。
さて、完成はいつでしょう?ʕʘ̅͜ʘ̅ʔ
ウールは今しか着られないけど…

動き回るとチカチカします。

ストレスもあるかな。

立ち止まることはできないので、スローペースでいきましょうかね~(_ _).。o○


スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

skip*

Author:skip*
小学生のころからおかしをつくりつづけてきた、3人の子供のハハ。思いつきでマニアックなおかしを作ることも(*^_^*)
自宅の工房で、おかし教室やオーダーなどもお受けしています。
うたちゃんのお店、studio T'sで、帽子を委託販売させていただいています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。